今週末はこれで

みなさん、こんにちは。
いよいよ今週末の日曜日に迫ってきましたセプテンバーコンサート浜松 in Void。今回は荷物を少なくするために工夫をします。まずいつものエフェクターボードは持って帰らず、BOSSのVE-8を利用して荷物を減らします。タップテンポが不便なことをのぞけばこれ一台でコンパクトペダルを4つ+ボーカルエフェクト(VE-5)を減らすことが出来ます。実際のセッティングはこれです。

写真 2016-09-06 23 05 11

もちろん全て電池で動かしますのでここでも荷物を減らせます。フットスイッチにはパッチのアップとLoopのStop/Deleteをアサインします。(なのでタップテンポが犠牲になってしまいました。)LoopのStopはVE-8本体でも可能なのですが、2回連続で踏まないと止まらないのでライブではちょっと危険。3日ほど練習しましたが難しかったのでフットスイッチで止めてそのままDeleteという風にしました。

そして愛用しているYAMAHAのA3Rですが、もう一台買いました。もう浜松に到着しています。ですのでマレーシアから持っていく必要はありません。A3Rは個体差が少ないギターです。過去に6本弾いたことがありますが、どれも素晴らしかった!これだけ個体差が少ないと試し弾きしなくても買えるという安心感があります。

さて、楽器をされない方には何の話かさっぱり、、、って感じだと思います。ということで今日はフライトの話を。

8日の仕事終了後、タイ経由の深夜便で帰国します。このパターンは2回連続。今後もこのルートにお世話になりそう。セントレアに効率的に発着するには直行便よりもこれが楽。問題は仕事場から直行しなければならないこと。つまり明日には用意が終わってて、あさって仕事に行くときにスーツケースで出社する、ということなんですね。具体的にどんな便で行くのか?ですが、今後名古屋からマレーシアにおいでになるという方のために書いておきたいと思います。

往路
クアラルンプール 20:55 ⇒ バンコク 22:00
バンコク 0:05 ⇒ 名古屋 8:00

復路
名古屋 0:30 ⇒ バンコク 4:30
バンコク 9:05 ⇒ クアラルンプール 12:15

復路のバンコクのトランジットが4時間半あるのを除けば、夜は機内で寝れますからしんどいけど便利です。8日夜出発して13日午後着なので5泊6日に見えますが、実際は3泊6日、機中泊2回、なんですね。昔は7泊12日、中東アフリカ6か国という出張を強行したことがありますから、そういうのに比べるとまだ楽ちんな工程です。とは言え、、、去年あたりから深夜便、機中泊っていうのが辛くなってきました。。。残念ながら年齢を感じた瞬間でもありました。徐々に無理は出来なくなってくるのでしょうか。いろんなことを受け入れながら上手に生きていきたいですね。

では、9月11日、セプテンバーコンサート、よろしかったら会いに来てください。

コメントを残す