寒中お見舞い申し上げます

寒中お見舞い申し上げます。

正月3が日も過ぎ、春のような暖かい日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
伯父の喪中のため年始のご挨拶を差し控え、失礼いたしましたが、今年もなにとぞよろしくご厚誼のほどお願い申し上げます。


今年の正月は悲しいニュースから始まりました。
Storyの元ベーシスト、片山忍さんが急逝され、京都・園部にお別れを告げに行ってまいりました。
50代。。。若すぎます。。。早すぎます。。。

片山さんは1995年から98年の間、Storyでベースを弾いてくださいました。
95年にStory初のアコバンスタイルでアクトシティのガレリアモールで2ステージの演奏が片山さんとの初演でした。その演奏が浜松ケーブルテレビでしばらく流れていたのがとてもいい思い出になりました。片山さんからはいろんなことを学びました。アコバンスタイルを教えてくれたのも片山さんでした。

そしてStoryの冬至ライブが今も続いているのも、私が人前で演奏できなくなった時に励ましてくれた片山さんのお言葉と行動があったからこそ。1997年11月の上旬に、片山さんから呼び出され励まされた夜は、私を支えてくれる大切な一日となりました。音楽人としての私の大切な恩人の一人です。

本当に感謝しきれません。
ご冥福をお祈りいたします。

コメントを残す